【雑記】Vaporwaveライクなゲームまとめ

そのデザイン性から音楽の領域だけでなくファッションやアート、ビデオゲームなどの領域にも拡散しているVaporwave。とくに近年では、Vaporwaveデザインを採用したゲームも頻繁に見受けられるようになった。それらを書き記しておこうと思う。

 

Broken Reality

ゲームスタジオ『Dynamic Media Triad』が2018年に公開を予定しているビデオゲーム『Broken Reality』。シングルプレイのアドベンチャーだそうで、インターネットをモチーフとした独特の3D空間を舞台に、都市や密林を探索したり、そこで新たな友達を作ったり、消費活動をしたり、アイテムを集めたりすることが目的のゲームのようだ。

舞台は未来のどこか。あなたのコンピューターおよびインターネットを始めとするほとんどのデジタルサービスは『NATEM』という大企業の管理下におかれているという近未来。『NATEM』はさまざまなテクノロジーサービスをよりよく統合するため、インターネットを現在の2Dから3次元コンピュータグラフィックスに変換。ユーザーは物理的な空間と化したウェブサイトを自由自在に移動できるようになり、コンピューターから得られる体験はもはや現実となった。あなたも『NATEM』の世界を体感しませんか?的なあらすじ。

『Broken Reality』はサーバーによってさまざま世界が展開されている。豪華な超高層ビルが立ち並ぶ裏で危険な無法地帯が広がる「GeoCity」。多くのアップデートや新たなサービスの登場によって忘れ去られた「@quaNet」など数多くのステージが用意されており、プレイヤーはそれらを探索していくことになる。ソーシャルランクを上げることで、アクセスできるサーバーも増えていくそうだ。

強引に2Dから3Dに変換してしたためか、平面なドット絵のキャラクターが3次元空間に佇んでいたり、低解像度な場所が存在したりするチグハグ感がなんともVaporwaveっぽくて最高です。また、NXXXXXSやGeneral Translator、猫 シ Corp.やCYBEREALITYライフといった超豪華なメンツが楽曲提供で参加しているとのこと!ヤバイっすね。

先日ついにデモが解禁され、同時に新たなローンチトレーラーも公開。Kickstarterではクラウドファンディングも始まっているとのことですよ。

 

 

DATA WING 

サイバーネオン空間を駆け抜ける高速レーシング『DATA WING』。オーストラリアのゲームデザイナーDan Vogtがスマートフォン向けにリリースしたレーシングゲームである。自機の左右の方向転換を制御し、壁を使ってブーストしながらゴールを目指していこう。Luxury Elite、18 Carat Affair、ESPRIT 空想、t e l e p a t h テレパシー能力者など楽曲提供陣も超豪華!こんなに良質なゲームなのに完全無料・広告無しなのは大丈夫だろうか。

DATA WING

DATA WING

  • Dan Vogt
  • ゲーム
  • 無料

 

 

 M Δ R B L Θ I D 

ドイツのゲームスタジオ『Supyrb』がiOS向けに開発中のゲームアプリ。球体を操作しながら絵文字を集めゴールを目指すアプリのようであるが、詳細は不明。往年の『コロコロカービィ』的なゲームなのだろうか。Vaporwaveの旨味を凝縮したようなデザインが本当に素晴らしい。EyelinerとDonovan Hikaruが楽曲提供しているらしい。開発元SupyrbのInstagramも非常にAESTHETICSなので、ぜひご一覧を。 


 

RADIANTFLUX: HYPERFRACTAL 

Wii U向けのDLソフト。ハッカーとなってダークウェブから違法なソフトウェアや違法ゲームを発掘するゲーム。


 

VHSoverdose

 見下ろし型のアクションゲーム。「居酒屋」「薬物」「わたしは字」「売店」など時おり見える不自然な日本語が胡散臭くてGood。

 

 

CRAP! No One Loves Me

 スライダーを下ってゴールを目指すゲーム。

http://arcanekids.com/noonelovesme

 

Vaporwave: T h e G a m e

start 遊びま

 

 

 

以上です。

『Broken Reality』のデモが公開されたということで書き記しました。